2013-03-29

木楽舎「孫の力」第11号



2月にご取材頂いた木楽舎「孫の力」第11号が発売されました。

「着物を遺す 仕立て直せば世代を結ぶ」というタイトルで、祖父がデザインと染めを、祖母が刺繍を施した牡丹の帯や
祖父が母の成人式に贈った帯を紹介させて頂きました。

私が生まれた時既に祖父は他界しており、私は直接祖父を知りません。

しかし、こうした思いのこもった着物を残してくれたことで、今もつながっているということを実感せずにはいられません。

着物のほか、無人島を遺す、美空ひばりを遺す、本棚を遺す・・・など様々なのご家族の気持ちが掲載されています。

ぜひお手に取って、ご高覧くださいませ。

海老蔵似のカメラマンさんに、素敵に撮って頂き嬉しいです。


感謝と責任を胸に・・・

JADE PR 島崎由佳子

0 件のコメント:

コメントを投稿