2012-01-14

Home peeling




昨年、独立したばかりの私は、メディアキャラバンや各事務作業に加え、パーティや会食などで生活のリズムが一気に変わりました。

フリーでお仕事を開始して数カ月経った頃、頬がごわつき基礎化粧品が浸透しづらくなりました。

一方で、アゴの周辺は少しこすると角質がポロポロと。。。

これまで「私の肌は丈夫、何の問題も心配もない」と思っていたため、この肌の不調はとてもショックでした。


「年齢と共に肌のターンオーバーは滞りがちに」


さまざまなメディアで伝えられているこのワンセンテンスを、身をもって実感しました。


幸いなことに炎症はなく、アゴの件もあったため、すぐに解決策を講じることができました。

一瞬、美容皮膚科のケミカルピーリングを考えましたが、まずは角質柔軟化粧液「タカミスキンピール」を使い始めました。







































こちらは、「ピーリング=怖い、ピリピリする」というイメージを覆す、毎日使い続けられるように開発されたやさしい処方です。

洗顔後、化粧水の前に使用し、洗い流しは不要。


使いやすく、いつもの化粧品を変える必要がない点がとても良いと思います。

パシャパシャとした軽い使い心地で「本当に効果があるの?」と懸念しましたが、使用開始から2・3日でごわつきがやわらかくなり、
頬の弾力がアップしたのを感じました。


私は毎日朝晩使用しているのでとても減りが早く、今月から定期会員になりました。


私はこの肌荒れの一件から、これまでの勢いまかせな生活を省み、あらゆる部分を無理のない程度に改めています。

おそらくその成果で、最近では肌の調子がとても良いのです。


すべては、買い替えの利かない、最大の資本である自分の身体のために。


このほかに、私が実践しているスキンケア&インナーケアに関して、引き続き綴って参ります。




JADE PR 島崎由佳子



0 件のコメント:

コメントを投稿